HOME > 菊廼舎について

菊廼舎について

菊廼舎の歩み

創業明治23年、初代は現在の歌舞伎座のそばで開業し、歌舞伎煎餅を売り出し、大評判になりました。
大正後期、二代目が茶時の干菓子をヒントに登録商標『冨貴寄』を考案して以来、ロングセラーですが、
いまだにメディアで紹介されると店の電話が通じなくなるほどの人気となります。
戦後三代目のとき、銀座5丁目あづま通りに本店と工場を営業しておりましたが、
昭和46年まわりの皆さんとギンザコアを建設し、以来地下1階で本店を営業しております。
現在五代目で創業以来125年になりますが、歴史に磨かれた味わいを今日に生かしつつ、
江戸っ子として、進取の気象を忘れない菓子作りをモットーに皆様に喜んでいただけるよう努力してまいります。
イメージ イメージ イメージ イメージ

菊廼舎のこだわり~旬のあんこ

菊廼舎では入手しにくい白小豆を使った白あんの新しいあんに力を注いでおり、
旬の素材の風味を生かしたあん作りにチャレンジしております。
従来の白あんは手亡豆(てぼまめ)から作りますが、
白小豆のあんは小豆のマイルドな風味が旬の素材との調和がとても良く、
いままでにはない餡の世界ができました。
 
 
イメージ イメージ イメージ イメージ

菊廼舎の職人

一人前の和菓子職人になるには10年掛かると言われています。
繊細な手先の技術ももちろんですが、発想力・応用力が必要な職業だからです。
和菓子というのはお菓子の中でも、特に季節を感じ、楽しめるように趣向を凝らしています。
材料は季節によって変わったり、あんこだけでも何種類もあり、
季節を感じる色・形・味を表現しなければなりません。
常に新しいことに取り組み、また、辛抱強く修行できる人しか和菓子職人になることはできないのです。
イメージ イメージ イメージ イメージ

会社概要

 
【商号】 株式会社菊廼舎本店
【代表取締役】 井田 裕二
【所在地】 東京都中央区銀座5-8-8
【電話番号】 03-3571-4095
【葛西工場】

〒134-0084

東京都江戸川区東葛西4-31-28

電話番号:03-3878-5841

営業時間9:00〜17:00 
水、日休み

【創業】 明治23年 (1890年)
 

お電話・FAXからのご注文

03-5658-7918

受付時間 10:00 ~ 17:00 (土日祝を除く)